2010年 06月 13日
撮り逃すことが無いように
b0178009_2032736.jpg

いつかはスゴイ画を撮りたい!っていう気持ちは誰にでも有ると思います。
まだ朝刊も配達されない時間に、こっそり家を抜け出し”今日は一番乗り”を
目指しながらマイフィールドへ行かれる方々。はたまた、家族の冷た~い視線と
『庭の雑草なんとかしてよ!』の言葉に罪悪感を感じながら超~スロー回転のエンジン音
で出かける方々・・・。人それぞれ色々と苦労が有るでしょうが、目的の野鳥を目の前にして
撮り逃した時のショックたるやその比では無いのではないでしょうか。
今日も草むらの中にじ~っと数時間、ヤブ蚊と戦いながら「ここに止まるだろう!」いや
「お願いだから止まって!」と狙ったポイントにAFを合焦させファインダーを覗き込む。
ですがいつ現れるともつかない相手に汗を拭きながらの戦いは少々キツイ。
椅子に座り水分と栄養を補給しつつ、野草の臭いを嗅ぎながらちょっとだけウトウトしたり・・。
そんな時に限って、”チィ~ッ”なんて突然現れて目の前をピューっと・・・。
この画もそんな状況で、シャッターボタンに手を伸ばした時にはすでに遅し・・。
『次の奇跡の一枚』を撮り逃さないようにするにはどうしたら良いか??
やっぱ、リモートスイッチでも買って握りしめていた方が得策かな^^;
[PR]

by kitanoeos | 2010-06-13 18:13 | カワセミ


<< レリーズタイミング      入院前でも行きます >>